スポンサードリンク

確定申告のやり方について

確定申告とは、1年間に得た全ての所得を計算して、決められた期間(2/16〜3/15)に申告・納税する手続きのことを言います。

 

また、会社員のように、あらかじめ源泉徴収という方法で所得税相当額が給料から差し引かれていたり、予定納税という税金を前払いしていたりする人も多いので、確定申告は、払った税金との精算手続きでもあります。

 

会社員である場合は、ほとんどの場合確定申告の必要はありませんが、給与収入が2,000万円を超える人、不動産収入・配当収入・年金収入などの副収入が20万円を超え人、医療費控除・(初めて)住宅ローン控除を受ける人、1年の途中で退職し、年末までに再就職していない人などは確定申告が必要です。

 

そして、個人事業主である人は毎年必ず確定申告が必要です。

 

 

確定申告の際には、一般的に、確定申告書を作成して税務署に提出することが必要です。

 

税務署ではできない大口の法人・個人の税務調査をしたり、外国企業の法人税・消費税を調査したり、有名人を専門に調査したりするのが国税局ですが、それ以外の会社や個人を対象として税務調査をするところが税務署です。

 

その他、税務署には、税務相談・各種届出書、申告書の受理を行う内部の部署があります。

 

一般的に、中小企業の税務調査は税務署の職員が担当しており、実地調査は2、3日で行われるそうです。

スポンサードリンク

更新履歴